◆献血に行ったことありますか?

街でいつも呼びかけているケド…

街でいつも呼びかけているケド…

献血に行った事が無い人も多いはず。献血はどんな仕組みで、どんなことが出来るのでしょうか?

医療技術が進歩した現代でも、人類は血液を人工的に作ることには成功していない

◆どのような仕組みなのか?

どのような献血を行うか選べる。

どのような献血を行うか選べる。

血液全てを提供するか、一部の成分だけを提供するかを選ぶ事が出来ます。

200mL・400mL献血では10分から15分程度、成分献血では40分から90分程度の採血時間がかかります
献血は各地にある血液センター(一部を除く)や献血ルームのほか、駅前や繁華街などに派遣されるバス型の移動採血車で行われる
健康な方ならば、献血による身体への影響はほとんどありません
献血いただいた血液は、献血会場から各地のブロック血液センターへ運搬され、精密な検査、血液成分ごとに分離が行われて血液製剤となり、適切な温度下で保管

◆多くの場所で血液が足りていない…

手術や治療に使用される

手術や治療に使用される

献血で得られた血液は手術などに使用されていますが、少子高齢化などの影響もあり、不足しています。

献血をする若年層の減少に歯止めがかからない一方で高齢化が進み、2015年以降、手術や治療で必要な血液が不足する恐れが出てきた
血液の必要量がピークを迎える27年には、献血者は最大で85万人不足する見通し
日本赤十字社は2015年1月1日~2月28日にかけて、平成27年「はたちの献血」キャンペーンを全国で展開
20歳となった羽生選手が、同世代を中心に献血への協力と参加を呼びかける
かつては血液が売られていた

かつては血液が売られていた

血液を売買していた時代もありましたが、現在では禁止されています。

日本も昔は民間の血液銀行が、血液を買っていた時代がありました
お金目当てで頻繁に売血する人が増えて血液の質が悪くなってきたために、現在は献血回数に制限を作り有志の人が無償で提供することになっています

いいね!で真実の本 最新情報をお届け

Twitterで 真実の本 をフォローしよう!

   

関連するキーワード