「すぐ閉店するお店」ってありますよね

喫茶店が廃業してカフェになりました。でも数カ月で焼肉店になりさらに数カ月で撤退してギョーザのお店になりました。
行こうと思っているうちに閉店していることも

行こうと思っているうちに閉店していることも

「あそこいつも潰れるなあ」と思うとやっぱり閉店。「もはや呪われている?」とすら思ってしまう方もいるのではないでしょうか。

実は、儲かっているお店でも…

あえて「閉店」させている!?

あえて「閉店」させている!?

短期で投資回収し業態転換をスピーディーに行う前提で、閉店と新規出店を繰り返す店舗経営者も増えています。
実は1番儲かるのが1年目

実は1番儲かるのが1年目

1年で閉めるのは賢いやり方。1年は物珍しさで客が入るから黒字なんです。2年目に客入りが悪いと借金と赤字が増えるから、黒字の1年で閉めちゃうんです。
以前は10年と言われていた一般的な店舗の業態寿命も現在は2〜3年といわれ、かなり短くなっています。

一度閉店した場所には「メリット」が

設備をそのまま使える

設備をそのまま使える

前の店の設備をそのまま使うことで、開業のハードルである初期投資が安く済み、気軽に出店できるようになったのです。
最近カフェや居酒屋、ビストロなどの居抜き物件は多く出回っており、居抜き物件での開業がブームになりつつあります。
黒字になるのが早くなる

黒字になるのが早くなる

出店コストやランニングコストを安く抑えることができます。そのため損益分岐点も下がり、黒字転換も早まるでしょう。

特に多いのがラーメン屋

特にラーメン店というのは、専門的な厨房機器が必要なので、どうしても初期費用を抑えようとしたら居抜きを選択してしまいます。
出店も閉店も多い業態なんだそうです

出店も閉店も多い業態なんだそうです

最近は、飲食コンサルタントに依頼すれば「○○系の味」というようにラーメンレシピまで作成してくれるのだとか。

いいね!で真実の本 最新情報をお届け

Twitterで 真実の本 をフォローしよう!

   

関連するまとめ

30才なんてまだ若造。実は遅咲きだった成功者たち

人生まだまだ捨てたもんじゃないかもしれない。40歳から夢を掴んだ、遅咲きすぎる成功者たち

UG / 3434 view

「豊洲市場 盛土問題」 のわかりやすいまとめ

豊洲移転、盛土問題のニュース、図解解説。ネットの声・感想・画像・石原慎太郎の発言などのまとめ。

斎藤雄一 / 982 view

凄い計画…。ロシアと日本が鉄道で繋がる可能性が浮上してる

ロシアが大陸横断鉄道構想を日本に求めました。その中にはシベリア鉄道の北海道延伸も含まれます。島国の日本が他国…

クライム / 854 view

関連するキーワード